Home > 人財育成と採用

人財育成と採用

農業を取り巻く環境は、今後、大きく変化することが見込まれています。
より集約化が図られ、農場が大規模になっていくと考えられています。
穂海グループも例外ではなく、より一層の規模拡大を目指しています。
その規模拡大を支えるのは「人」であり、穂海グループでは人財育成を最重要課題の一つに位置付けています。
自己改革を推し進めやすい環境、そして一人一人の能力を最大限発揮し、意欲的に長く働き続けられる職場づくりを目指しています。


人財育成と評価制度

人財育成

教育システム

穂海では、人財に求める能力を、社会人基礎力、概念化能力、対人関係能力、技術的能力の四つに分けて考え、
教育システムを構築しています。それらを学んでいくための一年の計画と、その進捗の振り返りを行い、成長の段階を各自が認識し、
段階的かつ継続的に成長できる仕組みの運用を始めています。そして、それらの習熟度により給与や昇進へ反映をさせています。


採用情報

人財育成

社長メッセージ

弊社では日本人の主食となる「米」を栽培しています。
会社組織という形態ではありますが、地域の農地をお預かりし、地域社会の維持、そして主食の供給という、日本と言う国の根幹を支えることにもなり、私達の行為そのものが社会貢献へ結びついていると言っても過言ではないかもしれません。
また、弊社は、役員をはじめ、ほとんどの従業員が農業経験のない者ばかりです。だからこそ、既存の発想にない、新しい農業のカタチを作れるのではないかと考えています。
私達と、是非一緒に、未来の農業を作りましょう!

代表取締役 丸田 洋 / 取締役農場長 日比 昇

社員に聞きました

穂海農耕で働く先輩スタッフにインタビューしました!

松本裕治さん

松本裕治さん

現在の担当業務は何ですか?
現在は、主に機械オペレーターとして業務を行っています。
日々心掛けているのは、現場の状況を判断し、最適な段取りを組めること。生産の環境や田んぼの状態などは毎年違うため、事前にスケジュールを組んでいても当日の天候などによって変わることもあります。
そんな時に、作業の優先順位を判断し、現場に伝えるのは責任のあることですし、上司からも任せてもらっているため、作業効率が良いか、無駄が無いかなども意識するように心がけています。
後輩のみんなに伝えたいことは?
穂海では、チームに分かれて作業を分担している事が多いので、一つの作業にかかりきりだと業務全体が見えづらいかもしれません。ですが、別々の作業をしているようで、目的は一つです。
後輩のみんなに意識してもらいたいことは、業務全体を意識して作業を行ってほしいということ。今やっている作業が、次工程にどのように繋がるのか、次に引き受けるチームの後工程も考えながら進めてもらえると、より良くなると思います。
また、分からないことがあれば何でも聞いてほしい。身近な誰かでよいので、相談しあって、判断に悩めば先輩たちに聞いてくれたらよいと思います。僕自身も、現場オペレーターに教えるときにはできる限り時間を取って教えるようにしています。
目指す姿は、組織全体のバランスを見ながら意見を伝えやすい環境づくりを行うこと。会社の中でちょうど中間の立場にもなるので、上司の意見、後輩の意見も聞きながら、うまくつないであげることです。

岩嶋光一さん

岩嶋光一さん

穂海農耕に転職したきっかけは?
僕は転職組で、以前は自動車関連企業で整備士をしていました。穂海に入社した時は社内でも最年長に近かったので、社員のみんなに気を使わせたり、逆に自分が気を使うかもと思っていたのですが、実際に働き始めると、とけ込みやすく、みんなオープンな雰囲気でしたのですぐに馴染むことができました。

「農業がしたい!」という意気込みを持って転職したのではなく、転職活動をしていく中で穂海に出会い、代表のお話を聞いて「面白そうだな。」と感じ入社を決めました。そのため、農業に関しての知識はほとんど無かったのですが、定期的な社内研修や、現場での作業を通して、ようやく水稲ついて理解できるようになったと思います。 また、水稲では大型機械(田植え機やコンバイン等)もよく利用するため、前職で培った整備の技術も十分に役立っています。
ただ、それでもお米は1年に1作なので、栽培技術に関しては判断に悩むことも多く、日頃教えてもらっていても本当にこれで大丈夫だろうかと考えてしまうこともあります。現場で適切な判断ができるよう自分自身のノウハウをためて、自信を持って栽培管理を行えるようになれればと思います。
「農業」の魅力を教えて下さい。
他の業種と比べ、この仕事の「良いな」と感じるところは、自然相手の仕事なので毎年変化があることだと思います。作業は同じでも環境が変化する。毎年何かしら変化がある。 そのため、同じことを繰り返すのではなく、新たな発見や課題なども出てきますが、僕自身はそれを楽しめているように思います。
これまでは主に機械に乗って行う業務が多かったので、今後はほかの業務にも携わってみたいですし、業務全体、チーム全体を俯瞰して見られるようになりたいと思っています。 オールマイティに仕事をこなし、必要なところをサポート出来るよう、僕がいることで安心感・安定感を感じてもらえうるような、そんな存在でありたいです。

中村真奈さん

中村真奈さん

穂海農耕に転職したきっかけは?
入社して丸2年が経ち、今年で3年目となります。入社した頃は分からないことばかりでしたがようやく仕事にも慣れ、業務全体の流れも見えるようになりました。 お米は1年に1作なので、年間を通しての作業はまだ2回、栽培技術の習得はまだまだこれからです。
炎天下の中での外作業もあるので体力的につらい時もありますし、仕事で落ち込む事もありますが、そんな時話を聞いてくれる仲間がいるので心強いです。現在は女性の先輩もいらっしゃいますし、色々相談させてもらっています。
業務は季節によって様々ですが、春の温湯消毒は担当として任されているのでプレッシャーを感じます。ですが、気持ちに余裕も出来てきたので、段取り良く作業を行うように心がけています。 栽培の知識はまだ未熟なので、先輩方に確認しないと判断できないことも多いので、いつかは自分で判断ができ、それを後輩たちに伝えられるようになりたいです。
自分自身の仕事のミスも減らしながら、先輩や同僚、後輩からも安心して仕事を任せてもらえるように、日々頑張っていきたいと思っています。
 
休日の過ごし方は?
私は一般作業職なので、土日のお休みはしっかり休ませてもらっています。残業もほとんど無いため、オン・オフがはっきりしていて仕事と休日のバランスが取りやすいのが嬉しいです。 最近は料理にハマっていて、色んなレシピを見ながら作るのが楽しいです。

大箭拓実さん

大箭拓実さん

穂海農耕に入社して、どんな会社でしたか?
入社して感じたのは、穂海はまず規模が大きい。そして、社員さんも自分と同世代の若い方が多く、活気があって気さくな方ばかりです。いい人ばかりで、とても雰囲気の良い会社だと思いました。

2020年に入社したばかりなのでまだ数か月しか経っていませんが、穂海で働き始めて感じたのは、社内の情報共有をしっかりと行っているということです。様々なクラウド系管理ツールを利用しており、栽培データを記録し分析したり、現場で何かあれば写真を撮ってSNSで報告を行ったり、 もちろん毎日朝礼・昼礼・終礼と作業報告をする時間もあります。 必要に応じて会社のスマートフォンで、他の方の担当圃場の状況なども閲覧することができますし、情報のやり取りもデータで残るため後で確かめることができます。
以前にインターンで伺った他の農家さんで、このような環境構築をされているところはほとんどなかったので、とても新鮮さがあります。穂海に来て、自分の中にあった「農業」のイメージが変わりました。 農業の中にもITを取り入れる事ができるんだな、と。農業はもっとアナログなイメージだったので、多様なツールを使いデータ管理していることは、すごく先進的だと感じます。 データ分析なども、やってみたいなという興味が出てきました。
これからどのように成長していきたいですか。
穂海での業務はチームに分かれての分業制ですが、それぞれのチームにしっかりと役割があり、きちんとした指示も出してもらえるところが素晴らしいと思います。
自分はまだまだ学ぶことが多いのですが、いつかみんなに頼られる様に、現場のリーダーなどを任せてもらえるようになりたいと思っています。

採用について

2021年度(令和3年度)採用の募集は終了いたしました。

現在、穂海農耕では会社見学・インターンシップを随時受け付けております。
どんな社員が働いているのか、どんな会社の雰囲気なのかを、実際に見て、聞いて、感じて頂ける場になるかと思います。
ご興味のある方は、お申し込みフォームよりお問い合わせ下さい。

会社見学・インターンシップ

会社見学・インターンシップは随時受け付けております。

■□■新型コロナウイルス感染症に伴う対応について■□■
弊社では、手洗いや消毒、社員のマスク着用など感染予防対策を徹底しております。会社見学・インターンシップへお申し込みの方へは以下の通りご対応をお願いいたします。

・参加者はマスクの着用をお願いします。
・発熱を含む風邪のような症状がある方や、その他体調不良の方は参加をお控えください。

皆様のご理解とご協力を宜しくお願いいたします。

[参加方法]
下記、参加申し込みフォームより必要事項を入力しお申込み下さい。

問合せ先 人事部採用 担当:日比・横山
TEL:0255-78-5710 / EMAIL:saiyou@houmi.jp

株式会社 穂海
〒944-0105
新潟県上越市板倉区田屋104番地2


(C) Copyright 2011 Houmi. All Rights Reserved.