新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
有限会社穂海農耕、株式会社穂海を代表致しまして新年のご挨拶を申し上げます。
平成30年を迎え、生産調整の撤廃、経営所得安定対策の終了に代表される、大きな変革の年へ入りました。
また、米消費量の減退、進む高齢化など、他の問題も山積しています。
一方で、米価の上昇や、業務用米の需要の高まりなど、今までになかった新たな局面も迎えつつあります。
そういった環境であるからこそ、私達農業者は、今こそ、自分の足で立ち、考え、判断する、そういったことを求められているように感じずにはいられません。
 
弊社も、穂海農耕が13作目へ入ります。
十二支で言うと、ちょうどひと回り。
まさに、また新たなスタートラインに立った、そんなタイミングに感じられます。
12年前の初めての作付けを行った際の、荒波を感じつつもその先の明るい未来を信じて疑わずに歩み始めた、そんな初心に立ち返り、邁進して参りたいと考えております。
 
関わって頂く皆さまの、ご多幸をお祈りするとともに、より一層のご指導ご鞭撻をお願いし、新年のご挨拶とさせて頂きます。
本年も何卒よろしくお願いいたします。
 
 
株式会社穂海
有限会社穂海農耕
代表取締役 丸田 洋